Now Loading...

KEISUI 大人と子どものための書道教室

Close

Blog

旧暦

木々の葉が色を深めるころ。
今日は二十四節気の小満、七十二候の蚕起食桑。

先月から教室に歳時記暦を掛けています。
そこには、旧暦、六曜、九星、干潮、日出日没、
朔望月、五節句、雑節、二十四節気、七十二候
などが示され、子どもたちにもわかりやすい暦
です。

児童の条幅課題では五節句、雑節、二十四節気
などの言葉を書くことが多いため、それがいつ
なのか、それはどのような意味なのか、そして
旧暦を知ることで季節の移り変わりも感じられ
たらと掛けることにしました。

日本では、中国王朝で成立された暦法が伝わり
6世紀中期から旧暦が使われました。
ただ中国の都を基準としていた暦法だったため、
気候風土の違う日本ではいくらかの矛盾を含ん
でおり、江戸初期から日本の風土に合わせ暦法
の基準点を中国から京都に移すなど改良しなが
ら毎年編纂されていたようです。
その約1300年のあいだ使われていた旧暦は、
明治六年に新暦へと改暦されました。

新暦の良さもあるけれど、日本の季節感や伝統
文化、伝統芸能などは旧暦に基づいて形成され
ていますから、それらを理解することや精神性
を養うには、旧暦を知ることが必要になります。

旧暦を知りうまく活用することで、日本の暮ら
しを愉しむ知恵が生まれると思います。
また主体性を高める手助けになるのではとも思
うのです。

多摩第二小学校では教室や廊下に掛けてあるのだそう!

PageTop ページトップへ

MembersPage 生徒さんのためのページ