Now Loading...

KEISUI 大人と子どものための書道教室

Close

Blog

うめ

祝日、日曜日ともに浸み透るように冷たい雨
でしたが、今日は春のきざしを感じる一日。

2月も最後の週ともなれば、地面のそこここ
に、そっと草の芽が萌え出で、梅の花も咲き
ほこり、春の色を届けてくれていることに気
がつきます。

ちょうど梅まつりがあちこちで開催されてい
るよう。梅花の美しさは清楚なかたちや色彩
にありますが、その香りも奥ゆかしく、心に
余韻をのこします。
ただ、開花するにつれ高くなる香りは、茶席
で炊く香のさまたげになるとし、茶花には蕾
を生けるのが茶道のならいです。

花のさきがけとも言われる梅花の余韻を思い、
料紙の色合いを意識して半懐紙に書きました。
書道のなかでも、古典かな こそ心の余韻をさ
そいます。

古今和歌集 巻第一春歌上 33 詠人しらず

PageTop ページトップへ

MembersPage 生徒さんのためのページ